« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

すごいぞCore i5

ご無沙汰しております。
7月末締め切りの論文がありまして、修正に修正を重ねて、本当に締め切り30分前のぎりぎりで提出したというバカやってました。
しかも、いつもは修羅場を終えてから倒れるのが僕のセオリーだったんですが…今回は酷暑の影響か、論文執筆中に倒れました。ちょっと寝込んだ。これが…これが10代との体力の差か…orz

完成した論文は、非常に古典的な内容が含まれますが…あたらしい内容が1つ含まれるのでまあ、よしとしますか。。。

さて、新しいパソコンにしてから早1ヶ月。
CPUとメモリが高性能なおかげで快適に過ごしています。
過去の記事参照だけど、本当にこのパソコンは最高だよ。

んで、本題に入りますが。
このパソコンのCPUのCore i5です。
物理コアが2つに仮想コアが2つの合計4コアになっています。
Core i5の特徴として、
■インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー
■インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー
の2つが挙げられます。詳しい解説はgoogle先生に任せますが、
前者は負荷や熱限界に応じて、CPUの動作周波数を上げてパフォーマンスを向上させます(自動的にオーバークロック)。
後者は、1つのコアで1つの命令を実行しているときに、空いている演算ユニットを組み合わせてもうひとつの命令を実行して仮想的にコアを増やすもの。これが無いときとくらべて30%ぐらい性能が上がっているらしい。

私はいま研究で、ロボットの実機とシミュレーションを組み合わせた研究をしているんだけど、シミュレーションにやたらリソースが必要なんですわ。
Core i5だと、重いシミュレーション(1つに30分かかるやつとか)をやりながらでも仮想コアを含めたマルチコアのおかげでブログを書いたりネットを楽しんだりできる。
実際、いまこの文章を書いているときも非常に重たいシミュレーションをやってる。なのにブラウザはすごく快適に動くんだscissors

技術の進歩ってすごいね。(結論)ロボトレやんなきゃ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »