« P板.comに発注しました | トップページ | コンパイラーの最適化性能 »

部品実装とテスト

昨日と今日にかけて発注基板のテストをしていました。
テストが終わった要素は次の通り。

・モータードライバー
・USBインタフェース
・SRAM (4MB)
・EEPROM (1Mb)

これら4つの要素が完璧に動作しましたscissors
ところで、ここまでのミスについてですが、とりあえず3箇所ほど。

・パスコンの位置がおかしかった
・GNDの配線ミス
・モータードライバーL6205のEN入力端子を、マイコンの入力端子に接続

最初の2つは簡単に修正できましたが、最後の1つは軽く絶望しかけました。
具体的には、SH7144のポートFビット0(=入力専用端子)とEN端子をつないでしまい、このままではモーターをまわせない事態に…orz
結局、ウレタン線でEN端子と他I/Oポートをジャンパし回避しましたが…如何せん見た目がかっこ悪い。

ちなみに他の残りの要素は、必要なICをパッケージ違いで誤発注してしまいまだ完成してません。(私を直接知る人ならお馴染みですねw)
誤発注癖が直らんshock
まあ正しいやつを昨日デジキーで発注したので、月曜日ぐらいには作業再開できるかな。

-------------

しかし…、脳内でシミュレーションした回路が、現実で(ほぼ)予想通りの動作をしてくれるとうれしいよね。
今のところ大きなミスはなく、順風満帆ですscissors

特にUSBについては、H8/3052用のソフト(秋月のキットに付属)を書き換えてSH7144用にしましたが、デバック無しで一発で動作したときは思わず感動&ガッツポーズしました。
…まあもともとの秋月のソフトの出来が良かったというのもありますがw

|

« P板.comに発注しました | トップページ | コンパイラーの最適化性能 »

研究室関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213530/33002735

この記事へのトラックバック一覧です: 部品実装とテスト:

« P板.comに発注しました | トップページ | コンパイラーの最適化性能 »